女性の不感症

    セックス過程で性欲がどうでも向上されることができない体質で、不感症があります。不感症を治療するために、いろいろ薬を試して…という認識があなたにあるんだとおもいます。しかし、「不感症」ということば自体がとてもあいまいなものなんです。
    不感症は、性的な刺激に対して何の興奮も覚えないことです。もしくは何らかの事象に対して、何の感情的な反応もわかないことを指います。特に感情の動物であるところの人間にして、外的な刺激に対して人間らしい反応が無い場合に、「病的である」として、このように表現する場合があります。不感症に類似するものとして、女性の場合では冷感症(れいかんしょう)ともいいます。区別は明確ではないが、一般には冷え性などに関連するともされていいます。不感症自体は、明確な医学用語とは言いがたく、一般的には性的な問題を、広義では社会性の問題といった様々な側面で汎用されます。そのため中には一定の誤解も含まれると考えられるケースも散見され、これが当人の劣等感として問題になることもあるだろう。 このサイトでは:
    ·性的快感を得られないこと
    ·性的快感を得られにくいこと
    ·オーガズムに達していない
    という意味で不感症という言葉をつかっています。性的欲求はあるのに、彼とのえっちで感じることができないです。ただ、それだけで「わたし、不感症 かもしれない・・・」っておもってしまうのは、まだ早いです。